2022年4月16日土曜日

駐車場の白線

管理している駐車場の白線。

井戸水の汚れですぐに黄色く変色してしまいます。

そこで白線を引きたいのですが車が常時止まっているので、引けません。

ですので


手前50センチだけ塗りなおします。

これなら車が駐車してあっても塗れます。


これで駐車しやすくなりました。

弊社管理の表町のマイパーク3駐車場。

いつも空きが出てもすぐに埋まってしまうところでしたが、コロナの影響で少し空きが出ていました。

ですが、ここにきてほぼ満車になりそうです。

少し変化がみられてきたかな。


現在、賃貸アパートは、コロナ前より全体的に空きが多い模様。

空きが多いということは、自分の希望に合ったアパートが探しやすい状況かもしれませんよ。

2022年4月8日金曜日

電気温水器の場合はやっぱりサーモ水栓で

 


アパートの浴室水栓。

電気温水器から出る熱いお湯(60~80度)を水と混ぜて使う、ツーハンドル仕様。

熱いお湯と水のちょうどいい混ぜ加減の調整も面倒ですので、水栓を変えます。


温度調整ができる、サーモスタッド混合栓に取替。

40度に設定しておけば40度で出してくれるので、安全で使いやすくなりました。

夏と冬で水の温度も違うのに、どういう仕組みで40度のお湯になるようにお湯と水の量を調整してくれるのか。

調べたところ、水温で伸び縮みする形状記憶合金バネが仕込まれているそう。

40度のお湯になるように、自動でバネが温度に応じて伸縮することで水の量とお湯の量を調整するようにできているようです。

電気も使わず基盤も入ってないのに水温調整できるとはやるな、サーモ水栓。





2022年4月6日水曜日

杉外壁の塗装

 


杉板の外壁。

いわゆる雨板。

年数がたってくるとシルバーグレーになったりところどころ黒いカビがでたり。

雨の当たりやすいところと当たりにくいところで、劣化の具合もかわり、色も一様にシルバーグレーになるわけでなく。


こんな感じでまだらに色が変わってしまうのは致し方なし。

経年変化を楽しもうって人にはいいけれど、私はどちらかというとこの色の変化は楽しめない人。

多分そんな人のほうが多いかなと思う。

色の変化を経年美化ととらえるか経年劣化ととらえるか。

経年劣化ととらえる人が多い。

が、杉板のいいところは、部分で取替ができること。

サイディングといわれる既製品の外壁では部分で取り替えることが難しい。

杉板はダメなところを部分取替できるので長い目で見るとコスト優位になります。


で今回は今後の色のまだら変化を抑えるために、浸透性のキシラデコール塗装をすることに。

ということで、まずはしみ抜き作業。


なかなか時間のかかる作業になります。

2022年2月1日火曜日

【実際に高断熱住宅に住んでみました。】のページ

港建設ホームページの【実際に高断熱住宅に住んでみました。】のページをアップデートしました。

また少し見やすくしました。

私が断熱リフォーム後に実際に住んで快適だと感じたことをブログで掲載していますが、【快適室温生活】のページにまとめてあり、各ブログページにリンクしてあります。

実体験のコンテンツなので参考になるのではないかと思います。

以下リンクから

2022年1月31日月曜日

キッチンとカップボードの扉をアップデート

 


3回前のブログで作成したウォルナットの引き出しの手掛け加工。

それを設置してみました。


台形に彫り込んだに手掛けの部分に指がかかって引き出せる彫り込み加工もしてあります。


このキッチン前は通路にもなっているので、この手掛けであれば、通路の邪魔になりません。

また、飛び出てないので子供の頭に当たったりしません。


一番奥の2段引き出しはまだ手を付けていません。

ゆっくりかっこよくしていきます。

我が家は実験場ですので。

何がかっこよくて使いやすいか考える場です。


続きまして、ゴミ箱の扉は


今までは赤松の集成板でした。

当時、とりあえず的に取り付けたもので、いつか変えようと思っていましたが、4年経ってしまいました。

蜜蝋ワックスは塗ってありましたが、水がかかったりして汚れてきたので、いい機会なので変えてみます。

とりあえず一枚変えて変わった雰囲気を比べます。


すべて取り付けるとこんな感じ。


扉を開いて


両方開けて


引き出すと、ゴミ袋を取り出しやすくなっており、袋を取り出してそのまましばって捨てる仕様。

ゴミ袋そのままをかけているので、ゴミ袋の設置も捨てるのも楽。

これがキッチンの背後のカップボードにあるので使いやすい。


捨てるのは上からポイっと。


一番上のウォルナットの部分は前面部分を少し飛び出させました。

水が多少ついたごみを捨てる場合もあるので、シナの部分が水だれで汚れないように配慮しました。

まだまだ未完成部分があります。

ゆっくりやっていくのもまたいいかな。





2022年1月27日木曜日

カップボードの扉を新しくしよう

 この前のキッチンの引手が完成したので、続いてカップボードの扉も新しくします。

キッチン前扉の取り付け後写真は後日載せます。


4年前に自宅をリフォームした際のキッチンのウォルナットの端材。

角を丸く面取りしました。

これを


ビスケットジョイントというもので、板と接合します。

板はシナという木で、木目があまりなく白に近い色をしていて上品な風合いがあります。

建築では内装によく使われる木です。


こんな感じに仕上がりました。


それと別にこんな感じの扉を作成。

シナの白とウォルナットの深い茶色がよく合います。


取手の部分はトリマーという機械で彫り込んだ後、触り心地がいいように手でやすり掛けして滑らかにしました。


扉を配置した全体図。

後日設置してみます。












2022年1月21日金曜日

焼肉きらく自動販売機で買って七輪する

 


焼肉きらくに自動販売機が設置されたと聞きつけ早速行ってみました。

あった!

が、シロはもう売り切れ。

子供もシロが好き。

アカがまだあったので買ってみました。

でもシロも食べたい。

ってことで結局お店に入って持ち帰りを頼みました。

シロ、カルビ、牛タン、レバ(レバーとは書いてない)


解凍して付属のもみダレをもみこんだところ。


食いしん坊の娘。食べたそうですがあなたはまだ食べれません。



よし、ベランダで七輪の準備。


やっぱり七輪のほうがフライパンより良く仕上がります。

炭のいい香り。


付属のつけダレで食べます。

やっぱりきらくは安くてうまい。


そうこうしていると日も暮れ、家族は寒いので部屋の中。

一人で残った肉をたいらげます。

リビングの横に七輪ができるベランダがあると便利で使い勝手がいいです。

冬でも雪を気にせずバーベキューができます。


欲を言うと、もっと断熱が効いていて冬でも寒くないセカンドリビング的なベランダがあるといいな。

最近は夏は夏で暑すぎてバーベキューを断念したりするので、煙も逃がせて、中だけど外も感じれる、夏は涼しく、冬は暖かいハーフアウトドアスペースをリビングの隣に作るのが、いつかの夢.

夢のままかも。