2024年5月14日火曜日

doochi 8


2月なのに天気のいい日が続いて、外壁塗装日和で助かります。


カウンターの天板。
木で縁取られた中にはタイルを張ってもらいます。


こんな感じで。


目地はオレンジ。
目地ってカラー目地っていうのがあって、白やグレーだけじゃないんですよ。
今回は外壁のイメージに合わせてオレンジを選んでもらいました。


鏡の下には白タイル。
タイルを張ったのはデザインだけじゃなくて、ここって座ったお客様の靴なんかが当たる場所なので、タイルにすることで汚れを掃除しやすくなるっていう効果もあります。


玄関廻りのモルタル補修もしてもらい玄関廻りは完成。


オーナーが床を塗装していきます。
アクアカラーと言って半透明でいろんな色も選べるコンクリート保護塗料。
今回はグレーを選択。


コンクリートを保護してやることで、コンクリートの粉が舞わなくなるし、カラー剤なんかが床に落ちても掃除しやすくなります。


そして少し艶が出るので、ただのコンクリートよりもちょっとお高級な感じがするようになります。


玄関廻りのラワンベニヤ壁もオスモのオーク色で統一。


ガラスにロゴを張ってみました。
外に貼っちゃうと、汚れが水垂れして汚くなるので、ロゴシールは内側から張ります。
この方が今後も考えるとよい。


細かな作業なんかしていると時間はあっという間。
夜になり帰ろうと玄関ドアを開けると


ドアを開けた地面に、doochiさんのロゴ!!
室内の照明に照らされたロゴが投影されてる!!


このガラスのロゴが、映ってる!
オーナーとすげーすげーとしばらくはしゃいで写真を撮る。


doochiさんに暗くなってから来店される方にはロゴがお出迎え。
帰るときもロゴが挨拶します。

狙ってやった・・・のではないのです。
でもかっこいい。
今日の仕事頑張ったご褒美もらった感じでした。

さあ、美容室 doochiさん 完成です!

 

2024年5月9日木曜日

doochi 7


オーナーの友人たちが力を結集し、壁と天井の漆喰はほぼ完了。
ほんとうに疲れたことでしょう。
やったことのある人はわかります。
どれだけ大変か。

でもすごくいい雰囲気になってきましたよ。


このセット面にはオーナーご要望の大きな鏡を設置します。


3.2メートルも幅のある大きな一枚物の鏡。
職人さんが2人がかりで貼っていきます。


大きな鏡がラグジュアリー。
大きな鏡は空間を広く感じさせる効果もあります。


鏡が傷つかないようにすぐにビニールを張って養生。
オーナーは天井壁の漆喰が終わったので床の塗装をする準備。
床をきれいにしております。
オーナーがいつも現場にいるので、私は家具を組み立てたり、オーナーは漆喰や塗装など一緒に作業しております。


窓のガラスと玄関ドアにもガラスを入れてもらいます。


冬に結露でくもってしまうのを防ぐためにこのガラスちゃんとペアガラスになってますよ。
doochiさんのロゴを早速テープで貼ってイメージしてみる。


オーナーとdoochi。

完成間近!

2024年5月7日火曜日

doochi6

 


いよいよ玄関ドアを建具屋さんが入れていきます。


ドア廻りの枠は塗装屋さんにオレンジに塗ってもらいました。


きれいに取りつきました。
やっぱり木のドアっていいよね。


プッシュプル方式で開閉するドア。
ドアノブはなく、入るときは引いて開け、出るときは押して開けるていう方式。
オーナーが選んだ『PUSH』と『PULL』と書いてあるプレートを取付。


ドアの内側は、家具類にも塗ったオスモのオーク色を同じく塗装。


ドアの外側には外部用オスモのウッドステインプロテクターの同じくオーク色を塗りました。
かっこいい!!



この日はあいにくの雪。
でもこの冬は雪が少なくて助かってます。
気温も高めなので、外壁の塗装も晴れを狙って進めてもらってます。

いよいよ外観がパースのイメージに近づいてきました。



2024年5月2日木曜日

doochi 5

 


オーナーが壁を漆喰ぬりぬりしております。
これが大変な作業。でも素人が塗る、平面にならない凹凸のある表面が、いい意味で職人さんには出せない雰囲気になるので、私は好き。


オーナーが漆喰作業をしている横で私はカウンターの組立。
キャスター付きのカウンターは模様替えの時に楽。
組みあがったらオイルを塗っていきます。
オスモカラーのオーク色。
ラワンベニヤの表面にいい色が乗っていきます。

ラワンて下地に使うのが一般的なんだけど、全然仕上げ材として使ってもきれい。


本棚もラワンで作って


全体に統一感を出していきます。

2024年4月30日火曜日

doochi 4

 とっくの2月にオープンしているドーチさん。
遅ればせながら工事進行状況を載せていきます。
私のブログはマイペース。
なんでもゆとりをもって向き合うことが続けるコツ、と意味のあるマイペース感だと自分に言い聞かせながら、ブログの更新頻度の少なさを肯定していきます。


入口ドア廻りの大工工事は完了。
塗装屋さんと、建具屋さんを待ちましょう。


大工工事が終わったところでオーナーによる塗装と塗り壁の開始。


事務所では造作カウンターを作り始めます。
ビスケットジョイントっていう木と木を接合するものを使っていきます。
ビスを使わないので、ビス頭が出ず、きれいな仕上がりになります。


仮に組んでみて


んー、いけるなってとこで、もう一度外して、ばらした状態で現場にもっていき、今度は現地で組み立てよう。

2024年3月4日月曜日

doochi 3

 


今までの引き違い戸を取り外して、ドアと窓を作っていきます。
まずは大工さんによるドアと窓の枠付け。


ドアの枠は大工さんが作り、ドア本体は建具屋さんが作成。
そこにガラス屋さんがガラスを入れ、塗装屋さんが塗装、玄関下枠を左官屋さんが仕上げます。

玄関ドアだけでも5種の業者が協力して作り上げていくのです。
そう考えるとドア一つ、見方が変わってきたりして。


良い具合に枠が取り付きました。


イメージパースのようになってきました。
図面も大事ですが、パースは非常に大事。
お客様に伝えるためだけではなく、大工さんやその他業者さんにもパースのほうが伝わることが多い場合が多々あります。

そういう私も平面図だけでなく、パースで3Dにしてようやくかっこいいかどうか判断しているので、パースはなくてはならないものになります。


外観の大枠ができた後、オーナーの意向を聞きつつ、マイナーチェンジをしていきます。


枠をつけて玄関を強調してみるとか


そこを色分けしてみるとか。


ドアの色も変えて色違いにしてみるとか。


ドアを違う雰囲気にしてみたり


最終的にドアは木のそのままの感じを残して外観パース決定。


内装はこんな感じ。
玄関の内側の壁はベニヤでアクセント壁にして仕上げます。


大きな鏡がラグジュアリー。
奥のオレンジはパンチングボード。

内装も要望をお伺いしつつ、提出→変更→少しづつ変更→でお客様のイメージとすり合わせて作っていきます。