2021年10月14日木曜日

DIGRAG 移転 Part5

 


正面の商品を飾るパネルも前店舗から持ってきました。


試着室の設え、寸法なんかも前店舗で採寸し全く一緒になってます。


床も前店舗に合わせ、モルタル調のフロアタイル。

お店らしくなってまいりました。





2021年10月12日火曜日

DIGRAG  移転 Part4

 


外壁は塗装していきます。

まずは洗浄。

ピンクの外壁は白くします。

天井は原状、白色かと思いきやこれまた薄ピンクですので白くします。


消パイも変色しているので


白に合わせて塗ってもらいました。


ここに看板が取りつきます。

全体像はまた今度。






2021年10月7日木曜日

DIGRAG 移転 Part3


古正寺のディグラグさんの店舗。

左の壁を新しい店舗に移植手術。


壊れないように注意して剥がしていきます。


これはその茶色のパネルについている隠し扉。


これも全店舗から持って来てそのまま移植させていただきます。


じゃーん。うまく扉が取りつきました。

でまわりのパネルも張ります。


移植手術成功。

前店舗でこれを作成された業者の方に感謝しつつ、ありがたく施工させてもらいました。

前の店舗にいらしてくださっていたお客様も新しい店舗でもディグラグさんらしさを見ることが出来ます。

2021年10月5日火曜日

DIGRAG 移転 Part2

 


さあ新たに壁を起こしていきます。


骨組みが出来てきました。


お店の形が見えてきました。





2021年9月29日水曜日

ディグラグ 移転 Part1

DIGRAG(ディグラグ)さんが古正寺の店舗から緑町に移転します。

今回はそのお手伝い。

 

新しい場所は事務所として使われていたところで、間仕切りで空間を仕切ってあるので、お店っぽくはありません。

まずは間仕切りの解体から。


正面玄関も間仕切り壁でふさがれていたのでそこをとってみると


開放的になりました。


がらんどうになった店舗。

続いて大工工事です。






2021年8月12日木曜日

温室効果ガス削減ですって

 7月26日 2030年度までに温室効果ガスを13年度比で46%削減する目標達成に向けた政府の地球温暖化対策計画の原案が判明した。

家庭部門で66%を削減するなど、目標達成に必要な全部門の削減量を初めて明記した。

とニュースがありました。

原案なので今後議論されていくのでしょうけど、家庭部門で温室効果ガスを減らすには、

住宅を高断熱にして暖冷房費を削減する。

加えて石油スト―ブでなく、エアコンで冷暖房できるようにする。

太陽光発電を設置する。

が必要になってきます。

高断熱化は必須、太陽光は追加で必要になってくると思います。


ストーブや電気ヒーターよりもエアコンは二酸化炭素を排出しません。

ヒートポンプ(室外機)で3倍くらいのパワーを生み出すからです。

住宅で一番電気代がかかるのが冷暖房費。

特に暖房費の占める割合が一番高いです。

家電は省エネになってきてますが使わないってことはできないので削減するところと言ったら冷暖房費でしょう。

少なくてもエアコンで冷暖房出来る住宅が必要になり、さらにその電気代を抑えられるくらいの断熱レベルが必要になってきます。


ドイツは温室効果ガスの削減を先送りするのは、次世代つまり子供たちに責任を負わせることになるのでいち早く対応していくという考えみたいですね。

すでにドイツを含めヨーロッパの断熱義務レベルは日本を凌駕してます。

アメリカも韓国も断熱レベルを義務化してます。

政府が本気でドイツ・イギリスのように住宅の高断熱化を義務化しなければ達成できないでしょう。

今建っている一般的な新築住宅の断熱レベルでは到底不可能な削減目標だからです。

リフォームするにしても高断熱化をセットでやっていかないと家庭部門の66%削減には追い付かないと思います。


仮に政府が本気で取り組む場合、高断熱レベルを義務化する必要があります。

そのレベルを政府が要求してきた時は高断熱住宅が建っていくことになるわけですが、一番大変なのはそのレベルに達していない住宅の資産価値は低くなることです。

しっかり高断熱について考えないとせっかく建てた自分の家の資産価値が低くなってしまうかもしれません。

2021年8月10日火曜日

今年もなんでも屋

なんてことない困りごと。

だからこそ誰に頼めばいいんだろう?

ってことあります?

なんでも屋 港建設。


お店で使ってるワゴンの脚がさびて取れたから直してほしい。

という依頼。


土地の脇の側溝の泥上げを頼まれたり。


休みが取れないので片付けが進まず、まとめて家財などを処分したい。
→運搬から処分もやります。

除草してほしい。
→除草剤まいたり、草刈り機もあるのでかったり、防草シートを敷いたりします。

冬囲いの取外し取付をしてほしい。
→毎年時期を見てこちらから伺います。

雪降ろしをしてほしい。
→今までのお客様が優先ですが時間があれば対応できます。

畑を耕して畝をつくってほしい。
→頑張ります。


新築 リフォーム 修繕等をご依頼くださった方々から、住宅や建物に付随する、その周りの雑務的な仕事も依頼が来ます。

出来ることであれば対応致します。なんでもご相談ください。

2021年8月5日木曜日

おうちラーメンを作る

 おうちラーメンなる本を発見。


妻に休んでもらう意味もあり、休日のご飯は半ば趣味のように私がほぼ担当しています。

なので私好みのメニューが多くなるのですが今回はラーメン。

これはみんな好き。

家で本格ラーメンが作れるとな。

何時間もぐつぐつ煮込むわけでもない。

スープとタレと香味油。

この3つの組み合わせでいろんなラーメンが出来る。

簡単なものからやってみようってことで。

スーパーで手に入るものばかりなのですぐに実践できます。

醤油ラーメンから作ってみる。

あらうまい。

写真撮り忘れた。

お店のそれには当たり前だけど到底かなわないが、基礎の基礎みたいなでも豚と鳥と魚のだしがちゃんと出ているラーメンが出来ました。

で、たれを味噌に変えて味噌ラーメンも後日作ってみる。


チャーシューみそラーメン。

盛り付け雑っ。

でもうま。

麵以外は自作。


子供も喜んで食べてくれました。

ちなみに丸いカップは原信に売ってる小千谷のチャンジャ。

これも大好き。

余ったラーメンのスープは冷凍。

またタレと香味油をアレンジして違うラーメンつくってみようか。

次は次郎系もいいな。

この本に作り方のってます。

2021年8月3日火曜日

24時間冷房はエコでないか?高断熱住宅 2

続き


あと外が涼しい場合に窓を開けて涼しいのは、条件付きです。

それは風の流れがあること。

外が涼しくても風の流れがなければその涼しい空気が部屋に入って来ないので涼しくなりません。

1階と2階の窓を開けて、暖かい空気が上昇する現象を使用して1階から涼しい空気を取り入れて、2階から暖かい空気を排出して、人為的に空気の流れを作ってやるってのも手だと思います。

ただ外気温が快適気温ではなく涼しくなりすぎて、逆に寒い思いをすることもあります。

寒くて夜起きて窓を閉めたり。

夜起きてってのが面倒。

寒いと気づいたときにはもう喉が痛かったり。

コロナ禍のこんな中、風邪ひいてるだけでなんか良くない感じしますしね。

気温によって窓が自動開閉するようなものがあればエコかもね。


窓を開けて通風で涼しく快適ってできればいいんですけどね。エコだし。

でも就寝中の窓の開閉は難しいんですよね。

エコをとるか、健康をとるか。

前回も書いた通り、外気温が夜下がってくれば冷房もノロノロ運転で送風してるだけって状態も多い。

であれば、電気代もそんなにかかってるわけではないし、必要以上に室温が下がらないから、24時間冷房でも、エコと健康を両立出来ていると考えます。


付け加えると就寝中って体を動かさないから、朝方28℃設定でも寒く感じる場合もあります。

その場合はエアコンをタイマーにして朝方に切れるようにすればいいですね。


近未来的にどんどん夏の気温は上昇しそう。

私が子供の頃の夏はもっと涼しかった。

今の夏、どんなにエアコン嫌いでも冷房を使わない人はいないと思う。

高断熱住宅は少しの電力で快適温度にすることが可能な、エアコン制御がしやすい住宅です。

電力消費量を抑えて、健康も両立する。

まずは健康でいられなきゃダメですよね。

これからの夏に高断熱住宅が必要です。

2021年7月30日金曜日

24時間冷房はエコでないか?高断熱住宅

 台風のおかげでずっと続いた高気温も少しばかりお休みでしたが、また暑さが舞い戻ってくるようです。

我が家は日中27℃設定で、就寝時に28℃設定にて24時間冷房状態。


これってエコではない?


冬は外気温0℃だとすると、暖房は室温20℃にするには20℃分の電力が必要です。

夏は外気温35℃としても、冷房は室温27℃にするのにマイナス8℃分の電力でいいわけですから、電力消費は冬より少なくなるわけです。

で高気密高断熱住宅は27℃でも涼しく感じるし、保冷力があるので一般の住宅よりかなり省エネ。

私が言う高断熱住宅は省エネ等級4程度ではなくて、我が家のように壁の断熱材が24㎝、天井の断熱が40㎝、これに近い住宅を言います。

ちなみに断熱リフォームしてない両親の1階のリビングは23帖用エアコンで25℃設定らしいです。

暑ーい外から帰ってくるときは22℃に下げることもあるみたい。

断熱した我が家は10畳用エアコン(もっと小さいエアコンでも行けたと思いますが)で27~28℃設定。

しかもリビングと寝室はワンルーム空間なのでエアコン1台で涼しい。エコ。


ただ高気密高断熱住宅は快適ですがあえて悪いところを言うと外の温度が分かりにくくなること!

高断熱住宅は外の温度を中に伝わりにくくしているので、外の気温が分からなくなるようにつくってあるので当然なのですが。


夜から朝にかけて外が涼しい時もあります。

これに気づきにくいんですよね。

こんな時は窓を開ければ快適!ってこともあるんですがそれに気づかない。

これってエコじゃない?

でもね、外気温が夜下がってくれば冷房もノロノロ運転で送風してるだけって状態も多いと思うんです。

であればそんなに電力消費してないですよね。

続く


2021年7月28日水曜日

ひげとワインさん 網戸をつける


 ひげとワインさん。

入口に網戸をつけます。

ひげとワインさんの内装に合う木製網戸。


削って既存の建具枠に合わせていきます。


で一旦取り付けたものを取外しワックス塗り。

一気にアンティーク調に。

乾いたら取付。




取手も真鍮製で雰囲気に合うように。


使わない時期は丁番のところで取外し可能。


下のスキマもモヘアで遮る。


もとからそこにあったみたい。

馴染みました。










2021年6月14日月曜日

コロナ禍での子供の遊び場

 コロナ禍での子供の遊び場。

第一候補は公園 になるでしょう。

でも雨が降っていると公園という第一候補はいけなくなります。

そこで

出雲崎のいちご農園。

ビニールハウスなので雨を気にしないで収穫。

すこし時期遅れなのでこの時期は酸味が増すそうです。

好みもあるのでそれはそれでよし。

先が二股になっていると甘いと聞いたことがあるのそんなイチゴも摘んで2箱いっぱいに。

続きまして


116号を寺泊方面にすすんで いやしの郷ってところに行きます。

ここもそんなに混んでないのでコロナ禍におすすめ。

金魚を釣ることが出来ます。

練り餌を針につけて、浮きが沈んだら、しっかり合わせをする。


管理人の方が丁寧に釣り方を教えて下さるのもあって、4歳の子供でも慣れると自分で釣れます。


こんなに釣れました。

数匹持ち帰れるそうですが我が家はすべてリリース。

ゲームでしかやったことのない釣りを息子は初めてリアルで体験。

白い鯉もつれてグレートクラスだ!と喜んでおりました。

さいごに同じく敷地内にあるジャージー牛のアイスやさんで


買ったアイスを食べながら帰宅。

コロナ禍おすすめドライブコースでした。

2021年6月11日金曜日

お風呂の追炊き配管洗浄!

 お風呂の追炊き配管の中って見えないですよね。

汚れてるかもと思ってもわからない。

うちはエコキュートに変えてから12年。

最近は浴槽に湯あかが沈んでいることも。

これは掃除しなきゃとジャバで洗浄したこともあるけど、定期的にやらないとあまり意味がない様子。


で、

クリーニング屋 アリコさん参上!

配管清掃してもらいます。

良く見えないかもですが結構湯あかがあります。

マイクロバブル発生装置とプロの洗浄剤で一気にきれいにしてもらいます。


配管内にあった汚れがマイクロバブルと洗浄剤のおかげで浮いてきています。


続いてすすぎをします。

うちはほっておきすぎたかな、すすいでもすすいでも小さな湯あかが出てきます。

その日の浴槽には少し小さな湯あかが出ましたが、次の日からは湯あかは出ず清潔なお風呂に入れました。

うちは頑固な汚れになってたので、すすぎをしても多少湯あかが出てきましたが、こうなる前に洗浄すれば一発できれいになるそうな。

普段見えない追炊き配管。

皆さんも一度洗浄お試しあれ。


2021年5月28日金曜日

壁面収納棚を組立てる

 

加工した板を組み立てていきます。


ビスケットを差し込んで木工用ボンドを入れて、棚板を一枚一枚差し込んで。


加工の下準備をしておいたのでみるみる組みあがっていきます。

固まるまでベルトクランプでしっかり締めて固定します。


完成!

クローゼットに入っていた本やCDがこの壁面収納に入るようになったおかげでクローゼットのスペースが出来て収納が楽になるのでした。


2021年4月27日火曜日

田んぼの時期がやってまいりました。

 

快晴の4月下旬。

田んぼの時期がやってまいりました。

うちは田んぼに水を張らず、種まき方式。


こんな感じで種をまいていきます。


ちょっと土をほじくってみる。

ちゃんと種がまかれてます。


近所でもほとんどの農家が田植え方式。

長岡でもほとんどやられてないやり方なんじゃないかな。

このやり方だと、重い苗箱を運ばなくていいし、ビニールハウスもいらない。

田んぼ打ちで何回も田んぼに入らなくていい。

重労働から解放される。

我が家は数年続けてますが、新しいやり方だから手探りのところもある。

重労働による若者の農業離れはありますが、このやり方で農業離れの救世主となるか?


息子は 仕事って楽しー! と言って形だけ田んぼを平らにならしてる。

農業を楽しめ、若者よ!